So-net無料ブログ作成
ツーリング ブログトップ

新発見いっぱいの「越後七浦シーサイドライン」を・・・本当は「彌彦山スカイライン」だったのに!? [ツーリング]

2015/04/30

バイク乗ってるの?」といわれたからじゃないけど!

・「日本海夕日ライン」の一部、国道402号線のなかでもっとも美しいとされる区間、「越後七浦シーサイドライン」をツーリングしてきました。

・9:20 「午前中に帰るょ!」と言って自宅出発
・走行距離 69.2km
・12:00 約束の時間通り帰宅 [わーい(嬉しい顔)]
・天気 [晴れ]

・自宅から片道約34.6km(長岡市寺泊野積橋北詰まで)、主に海岸線を走ります。
・海と山に囲まれた美しい風景を望めるツーリングコースです。
・随所に点在する奇岩・怪石の中には「弁天岩」「立岩」といった天然記念物も含まれます。

・日本海なので夕日の時間も素晴らしい。


・まずは、失敗談から!

↓ 意気揚々と「彌彦山スカイライン」入口に…。
s_DSC02709.JPGs_DSC02708.JPGs_DSC02707.JPGs_DSC02712.JPG

↓ ガガ~ン! いつから? 前から! 知らなかった!  [もうやだ~(悲しい顔)]
 ・一昨年、「自転車」で走行したのに・・・自転車も二輪車では!?
 (先回の通行止めは「雪のため」だけと思ってた)
s_DSC02715.JPGs_DSC02717.JPG

↓ 入口を背にしてこのさびしそうな顔(*_*;
s_DSC02718.JPG

↓ 気を取り直して、まずは下ろう!
s_DSC02721.JPG

↓ 来た道は「右」、よし「左」だ!
s_DSC02728.JPG

↓ すぐに「間瀬」の「花立」(岬名?)に出ます。 岩の上に松
s_DSC02742.JPG

↓ ここには新しくなった「越後七浦観音」像があります。
s_DSC02730.JPGs_DSC02729.JPG
[次項有]海難救助、遭難者の冥福、家内安全、交通安全、商売繁盛、魚霊供養の祈願等、又水子供養の観音様として親しまれ、広く地域住民の信仰をあつめている。
・脚の下には魚。

↓ 駐車場の奥にあった神社。「大巳貴神社」 
新発見!
s_DSC02735.JPGs_DSC02741.JPG
[次項有]神代の昔、各地を平定した大国主(大己貴)を祀った神社

↓ 今は休業のタコ焼きやさん。
s_DSC02733.JPG
↓ 岩ガキが獲れるらしい!
s_DSC02734.JPG
↓ ここで!
s_DSC02737.JPG
↓ 「海水浴場」 シーズン中は、海水浴で混むのでしょうね。 今は寂しい!
s_DSC02738.JPG

↓ 海岸線に沿って遊歩道を歩くとすぐにあった。「良寛の歌碑
 新発見!
s_DSC02744.JPGs_DSC02745.JPG
間瀬の浦の あまの刈る藻のよりよりに 君も訪ひ来よ 我も待ちなむ


↓ またまた、駐車場から402号線を横切る地下道を登るとお寺があった。「海雲寺」というらしい!
新発見!
DSC02749.JPGDSC02748.JPGDSC02750.JPGDSC02747.JPG
[次項有]曹洞宗の寺院
・捕獲した鯨の霊を弔う等、仏教の影響が大きく、その昔、鯨を売ってお寺や神社を寄進した逸話は多くあるそうな!

↓ 「田子の浦」に出る 温泉旅館が2軒あります。
DSC02755.JPGDSC02754.JPG
↑ 「喜佐エ門」ここはレストラン
↓ 「海華亭・かわい」
DSC02752.JPGDSC02753.JPG

↓ 「大河津分水」まで一気にこんな道が続きます。
DSC02777.JPGDSC02779.JPGDSC02793.JPGDSC02785.JPG

↓ ようやく「大河津分水」河口
DSC02759.JPGDSC02757.JPG
[次項有]大河津分水路は越後平野を水害から守ることを目的とし、信濃川の洪水が越後平野で暴れまわる前に日本海へ流しだす人工的な河川

↓ 橋を渡れば「寺泊港」「柏崎」方面
DSC02756.JPG
・寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)で有名。 連日、観光客でにぎわいを見せる。
・「寺泊港」から「赤泊港(佐渡島)」に高速船「あいびす」に乗り65分でいける。

◆時間の制約で、新潟方面に・・・Uターン!

↓ このあたりは、レストラン、ホテル、ミュージアム、等、楽しめる施設がいっぱい!
DSC02767.JPGDSC02768.JPGDSC02772.JPGDSC02770.JPG

↓ 「野積」に入って、右手に「滝」を観ることができますが、名前はわかりません!
DSC02774(1).JPGDSC02774.JPG
[次項有]獅子が鼻」から「角田浜」までがシーサイドラインの絶景部分で険しい岩肌海岸線
DSC02776.JPGDSC02794.JPGDSC02805.JPGDSC02791.JPGDSC02780.JPGDSC02778.JPG
↓ 「日蓮聖人」の像
DSC02801.JPGDSC02802.JPG
[次項有]近くの「角田浜」には佐渡流罪の途中で上陸し、「七面大蛇を教化した」 という伝説が残る心霊スポットがある。

快晴[晴れ]なら佐渡島も一望

↓ 「角田岬」 灯台周辺の遊歩道もよい!
DSC02807.JPG
↓ 無事、と・う・ちゃ・こ! [モータースポーツ]お疲れさまでした<(_ _)>
DSC02809.JPGDSC02811.JPGDSC02815.JPGDSC02812.JPG

めし」だ~!

では、また(^.^)/~~~
2015/05/01


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

とうちゃこ!? 佐潟と赤塚北国街道ツーリング [ツーリング]

[晴れ]今年初のツーリング

赤塚の ≪旧北国街道散策≫ へ[ダッシュ(走り出すさま)]

自宅⇒佐潟水鳥・湿地センターへ 片道11.4km
1時21分 自宅スタート[ダッシュ(走り出すさま)]
DSC01416.JPG

↓ 内野町駅前 混雑!
DSC01422.JPG

↓ 新川 三日月橋から上流の静田神社を望む
DSC01423.JPG
県道2号線をひた走る

↓ 佐潟水鳥・湿地センター
DSC01425.JPG
DSC01427.JPGDSC01432.JPG
ラサール条約に登録されていて自然豊か!

↓ 佐潟水鳥・湿地センター着:2時4分 自宅から43分、向かい風がきつかった
DSC01424.JPG

さていよいよ、赤塚地区 往復1kmの散策

↓ その前になんで 『赤塚』?
DSC01455.JPG


[1].昔、赤土の塚があった?

[2].ケヤキの大木が多く、
秋は一帯が赤く見えることから名づけられた赤槻村が転訛した?

[ひらめき]どちらかな?

これからが目的の赤塚地区 「北国街道」 散策

↓ 赤塚神社
DSC01438.JPG
現在の社殿は、明治44年に再建したもので、境内に開運稲荷が祭られ、かなり広く、古い狛犬や灯籠があり、社殿も大きい。 ←案内看板より

DSC01436.JPG

↓ 大慈寺
DSC01439.JPG
曹洞宗の寺院 派手な門構えが目を引く

↓ 豪商・中原邸 門前
DSC01444.JPG

[次項有]中原家の先祖は漁業や水運業を営み、財を成したことから「投網の紋」となっている。江戸後期に苗字帯刀を許され、本陣としての役割を担い新田開発を行なった。赤塚は昔は入り江となっており港として栄えていたといわれる。豪農の館としてはコンパクトだが、邸内の敷地は約4000坪あり、明治天皇の北陸巡幸の際に行在所としてあてられた。春と秋、2日だけ公開される。 ←案内看板より



↓ 淨恩寺
DSC01448.JPG
真宗 大谷派の寺院

↓ 赤塚出発帰路の途に[ダッシュ(走り出すさま)] 2時49分
DSC01461.JPG

↓ 帰りは新川沿いに 新川漁港方面に左折
DSC01464.JPG
県道140号線へ

↓ 新川側道
DSC01467.JPG

↓ [ポケットベル]自宅到着 3時26分 赤塚から37分 追い風大好き
DSC01468.JPG


[次項有]23.8km、2時間の旅でした!

心地よい筋肉の張りと汗、満足。

ママチャリでも楽しめると思います!?


↓ 狛犬に睨まれている愛車
DSC01451(1).JPG

[end]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

彌彦山山頂に行くつもりが岩室温泉散策に!? つづき [ツーリング]

皆様と、一緒に“岩室温泉”散策に行きましょう![ダッシュ(走り出すさま)]

結局、彌彦山スカイラインを走行することができず、峠を越えて“岩室温泉”へ

山を越えると温泉町のはずれに出ます。
↓ 近い観光センター“いわむろや”で一服!
s_DSC01165(1).JPG
↑ マジつらく、悪夢の時間だった弥彦山ヒルクライムの集合場所!
ここは休憩所、食堂、売店、展示場以外に[いい気分(温泉)]足湯あり!
s_DSC01162(1).JPGs_DSC01161(1).JPGs_DSC01163(1).JPG
♪足湯は最高!

↓ 岩室温泉は北国街道沿いにあります!
s_DSC01157(1).JPG
↓ 近くの神社お寺
s_DSC01159(1).JPG←招魂社 s_DSC01156(2).JPG←慶覚寺

↓ 岩室温泉街を抜けていくと日帰り温泉[いい気分(温泉)]だいろの湯”があります。
お湯もよし、私の好みです!
s_DSC01167(1).JPG
↓ 右手には手入れされてない杉の大木“石瀬の一本杉”があります!
新潟市内の杉の木の中でも幹が一番太い
s_DSC01170(1).JPGs_DSC01168(1).JPG

少し戻ると“[いい気分(温泉)]岩室温泉”の歓迎塔と“天神山城址”の看板が見え、
天神山城址”に寄り道!
s_DSC01171(1).JPG
↓ 城跡公園になっています! 立ち寄り湯[いい気分(温泉)]遊雁の湯よりなれ”が近くにあります!
s_DSC01173(1).JPG

旅館街の日本海側の道を行くと
↓ “冬妻ほてる飛翔地”(ほたる☓→ほてる〇)”冬妻紅しだれ桜”の看板!
ここの“ホタル”の飛ぶ様はイメージを超えます!
s_DSC01176(1).JPG
s_DSC01177(1).JPG冬妻ほてる飛翔地入口

↓ そこを過ぎると左手に“岩室神社”が見えます!
s_DSC01183(1).JPG

↓ “岩室温泉”を出て、前から気になっていた福井地区の“旧庄屋佐藤家”へ!
  人が住んでる?
s_DSC01187(1).JPG
s_DSC01189(1).JPGs_DSC01190(1).JPGs_DSC01191(1).JPG

↓ 日本海方面に行くと峠に日帰り温泉[いい気分(温泉)]じょんのび館”が!
s_DSC01195(1).JPG

戻って、のどかな県道2号線を新潟方面に走り竹野町の“鶴亀酒造”でパチリ!
s_DSC01199(1).JPG
s_DSC01202(1).JPG
s_DSC01200(1).JPG

近辺には農産物の直売所や味噌ラーメンで有名な“こまどり”があります!
s_DSC01203(1).JPG

↓ さらに、新潟方面に進むと“仁箇堤”の看板があるので寄り道!
s_DSC01215(1).JPG
ここは確か人工の農業用水池で、裏面は柿畑が広がっています!
s_DSC01207(1).JPG
↓ おけさ柿の柿の木畑?
s_DSC01210(1).JPGs_DSC01212(1).JPGs_DSC01213(1).JPG


↓ 桜の時期、毎年春に訪れる“上堰潟”に!
菜の花との競演は一見の価値あり ♪
s_DSC01216(1).JPG
s_DSC01217(1).JPG
↓ 昨年
s_DSC02323(1).JPG

駐車場脇の道を日本海方面に走ると“角田浜”に出ます!
↓ 三叉路を新潟西港方面に右折し、道なりに走ると自宅へ![ダッシュ(走り出すさま)]
s_DSC01218(1).JPG


4時間のツーリングでした!s_DSC01164(1).JPGお疲れさんでした!

どうして「岩室温泉」にきたか?はこちら・・・

nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まさか?冬季通行止めのSkylineへLet's go! [ツーリング]

天気が良いので彌彦山スカイラインへ行ってきま~す!」[ダッシュ(走り出すさま)] 
ということで・・・ 颯爽 と出発(^.^)/~~~

立ち寄りは、“岩屋” と角田岬灯台下にある ”洞窟”

(読者の皆様にもルートをご案内!)
自宅(新潟市西区)から日本海方面に進み、日本海夕日ライン(R402)へ!
DSC01101(1).JPG
丁字路を左折し、柏崎方面、 日本海夕日ライン へ!

海岸道路をしばらく進むと 内野町新川漁港 が見えてきます。
内野新川大橋 を渡り、道なりに進むと左手に 角田山 が見えます。

↓ 内野新川大橋の上から日本海を望む!
DSC01102(1).JPG
↓ 新川漁港:夏場は私の釣り場
DSC01103(1).JPG
↓ 角田山: 山野草が綺麗な山、60~90分 で頂上へ!
DSC01105(1).JPG

さらに松林に囲まれた道を進むと右手に、故郷新潟に生涯の足跡を展示した
音楽の館 遠藤実記念館 実唱館 が!
左には カープドッチ の看板が!
カープドッチ はワイナリーでジェラート工房や石釜パン工房、ソーセージ工房と温浴・宿泊設備などがあります。

↓ 実唱館:まだ、入ったことありません!
DSC01106(1).JPG
↓ カープドッチ入口看板:苗の株主です!
DSC01107(1).JPG

すぐに丁字路になりますので右折、 越後七浦シーサイドライン へ!
DSC01108(1).JPG

妙光寺 の看板あり左折!
すぐに妙光寺へ。
このお寺の墓場は広く、公園もありました。
DSC01111(1).JPG
s_s_DSC01109.JPGs_s_DSC01116.JPGs_DSC01114.JPG

↓ お寺を出て左に曲がると 岩屋 の看板が・・・寄ってみます。
DSC01118(1).JPG

この 七面大天女岩屋 は日蓮聖人が佐渡へ流罪の途中 角田浜に上陸し岩穴に住んでいたとき・・・
近くの岩屋に住む老翁〝七つ頭の大蛇〟を退治して欲しい」と願われて、日蓮聖人法華経を読み大蛇を教化し改心させましたとの伝えがある岩屋です。

↓ 近づくのも怖い感じがする岩屋!
DSC01120.JPG
s_s_DSC01119.JPGs_s_DSC01122.JPGs_s_DSC01123.JPG


↓ しばらく進むと右手に 角田岬灯台 が見えます。
DSC01134(1).JPG
角田浜海水浴場の駐車場の奥へ行くと、灯台の真下の洞窟まで行けます。

この洞窟判官舟かくしと言われ源義経が兄頼朝に追われ、追手を避けて舟と共に身を隠した洞穴と言われています。

↓ 洞穴を抜けると美しい岩場↓があります。
DSC01127(1).JPG
s_s_DSC01125.JPGs_s_DSC01128.JPGs_s_DSC01129.JPG

↓ また、角田山への角田岬登山口のバス停近くには新潟市水と土の芸術祭に参画された世界的に有名な造形デザイナー浅葉克己さんのオブジェがあります。
DSC01135(1).JPG

↓ スカイラインは、見ごたえのある海岸が続きます。
s_s_DSC01136.JPGs_s_DSC01137.JPGs_s_DSC01139.JPG
(昔、有料道路)


↓ 浜浦大橋 からの眺望は素晴らしい! (画像ありません)
DSC01141(1).JPG

途中、 ↓ 間瀬サーキット ↓ 間瀬海岸海水浴場を抜けると!
s_DSC01142.JPGs_DSC01143(1).JPG 新しくなった看板!

↓ 彌彦山スカイライン方面案内看板!
DSC01144(2).JPG

左折し道なりに進むとスカイライン入口の看板が見えます。
まっすぐは 岩室温泉 です。

いよいよ! “スカイライン” 
o(○´ω`○)oわくわく♪ ルンルン((´I `*))♪♪

DSC01147(1).JPG

右折し、 彌彦山山頂 へ・・・・。のはずが・・・・!?


Σ(゚Д゚)ガーン


↓ な!な!、なんと(@_@)
DSC01148(1).JPG

↓ 道路わきには 
s_DSC01154.JPG

まさか!
 がっかり![バッド(下向き矢印)]
  4月、待ってろ!

  ・・・で、岩室温泉へ・・・。
  今日は、この辺で終わりにします (^.^)/~~~

続きは・・・、気を取り直して 岩室温泉街散策 です。

新潟にも結構見るところがありますね!?


nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ツーリング ブログトップ